gifu7■タッピングタッチとは
タッピングタッチは2人1組になって、相手の背中を指の腹で軽く弾むように触れる方法です。左右交互に、ていねいに行います。

タッピングタッチは臨床心理学博士 中川一郎氏が開発したものです。タッピングタッチは各種会合で好評を得ています。
気持ちがよくリラックスできます。心の不安・緊張のある方、ストレスで不眠を抱える方、会話の苦手な方など改善されると報告されています。

家庭や病院で介護されている家族の方、介護施設職員、医療関係、養護教諭、スクールカウンセラー、臨床心理士、リーダーとなって人前に立つ方、

興味のある方など多方面の活用が期待されています。もちろん現在健康な方でも、心と体が癒されます。

 

■タッピングタッチ教室や体験会の申し込みを受け付けています。関心のある団体又は関係者は下記まで連絡をください。

メール:ikeda-hakuho@mti.biglobe.ne.jp

電話:090(1099)8549

 

■私は、タッピングタッチインストラクターとして2016年より広めています。

 

■2017年講座予定:大垣市、岐阜市、恵那市、関市、彦根市

 

■2017年タッピングタッチ体験会予定:へれんけらあ(毎月第3水曜日大垣市)ぎふコスモメディア(毎月第1土曜日岐阜市)

  

 

 

■参加者の声

・バックに流れるギターの音楽がとても癒されます。はじめ冷たかった手も終わったら温かいのに気づきました。

・クライエントさんにやるためのものとして学びに来ましたが、自分自身が癒されました。誰でも、どこでも、体1つでできるというところが

 魅力的だと思います。今後も講座に参加していこうと思います。

・今回で基礎講座は2回目でしたが、久しくやってなかったのですが、やってもらって気持ちよかったです。さっそく職場で実行しようと思い

 ます。出席出来とてもよかったです。

・身近な人だけでなく、ボランティアの機会があれば携わっていきたいと思い実行したいです。行う側の自分も達成感があり、やってもらう側

 になっても癒され幸せな気分になりました。